頭と気持ち

Posted on Oct 26, 2017 in AAスクール, 建築考察
頭と気持ち

「建築について話してみよう」「続・建築について話してみよう」西沢立衛(王国社 2007、2012)建築を作る喜びや葛藤や感動について、建築が持つ社会的な責任について、都市について、人間について。とても個人的で素直な言葉で […]

不変と普遍

Posted on Mar 8, 2015 in グラスゴー美術大学
不変と普遍

  短いですが久しぶりの投稿です。 11年前のちょうど今頃、グラスゴー美術大学での課題としてデザインした集合住宅。 建築の勉強を始めて2年目の作品です。 同じ間取りを積み重ねるのではなく、いかにして各住戸に眺め […]

大切なもの

Posted on Sep 23, 2014 in AAスクール, イギリスについて
大切なもの

AAスクール3年生の時、研究テーマの模索を目的にやった実験。 バス停に突如として現れるヘンテコな伝言板に対する人々の反応を観察しました。   基本的にはみなさんバス待ちの間に楽しんでメッセージを残されていた様子 […]

変わらぬこと

変わらぬこと

2002年にイギリスに渡り、最初の2年間はスコットランドのグラスゴー美術大学で建築を学びました。 これらはその際に製作したコラージュや模型写真。 とある湖に実在する小さな島にビジターセンターをデザインするという課題でした […]

まっすぐ

まっすぐ

ちょうど10年前の今頃。 建築を勉強し始めて2年目。 イギリス・スコットランドのグラスゴー美術大学マッキントシュ建築学校 -Glasgow School of Art, Mackintosh School of Arch […]

ボツ案

ボツ案

昨晩、湯船に浸かりながら、ブログに何を書こうかと考えていました。 そこで思いついたのが「ボツ案」について。 ボツ案とは文字通りボツとなったアイディアです。   一つの建築提案を作り上げるにあたり、かなりの数のボ […]