KO邸着工しました

Posted on Jan 28, 2020 in KO邸, 新築プロジェクト
KO邸着工しました

一昨年より設計を進めてきたKO邸、先週ついに着工しました。 延床104.41㎡の木造2階建ての住宅です。 今日はあいにくの雨でしたが、時間をかけて基礎配筋のチェックを行いました。 ここからはデザインに関わる全ての決断が時 […]

プライバシーの距離感

Posted on Oct 9, 2018 in RH邸, TO邸, 建築考察
プライバシーの距離感

前回の投稿では、間取りを考える際に「空間を捉える」感覚を大切にしていること、空間のアイディアに対し機能を呼び込む設計を心がけていること、そして「空間を捉える力」と「建築の歴史を知る」ことには密接な関係があると考えているこ […]

空間を捉える力

Posted on Sep 14, 2018 in MS邸, RH邸, 建築考察
空間を捉える力

今回は間取りについて書きたいと思います。 人間はどうしてもその動きを重力に縛られているため、建築設計の一番の要はやはり間取りにあると思います。特に住宅においては、その重要性が顕著に現れます。 僕たち建築設計に携わる者は一 […]

判断を下すこと

Posted on Sep 27, 2017 in TO邸, リノベーション, 建築考察
判断を下すこと

先日、一部竣工写真をアップしたTO邸は、当初、既存住宅のフルリノベーションという計画でした。その建物は築60年の木造平屋住宅。ご家族の歴史を辿ることのできる空間は、時間の流れの深みを感じる特別な空気感を携えていました。そ […]

N.O邸一年点検

Posted on Jul 5, 2017 in NO邸, 建築考察
N.O邸一年点検

本日はN・O邸お引き渡し後の一年点検でした。新しいご自宅での生活を楽しそうにお話されるお客さまとの時間は特別なものです。ベタな表現で恐縮ですが、本当に設計士冥利に尽きます。建築としてもずいぶんと成長した家を感じることがで […]

本当は

Posted on Jun 26, 2015 in MS邸
本当は

  建て替える前の横浜F邸です。   時の積み重ねを感じる渋い建物でしたが、状態が非常に悪くリノベーションでの対応は断念しました。 特に土台まわりの木部の腐食が激しく、加えてもともとの地盤状況も良くな […]

東京

Posted on Oct 19, 2014 in MS邸, デザインについて, 建築考察
東京

  あ、いいな。 工事現場では、そう思う瞬間があります。 構造材に当たる光、仮設足場や脚立の姿、舞い上がる埃。 何気なく見過ごしてしまえばそれまでですが、実は美しい瞬間がたくさん隠れています。 現場は刻々と表情 […]

陰影

Posted on Oct 5, 2014 in MS邸, 建築考察
陰影

横浜F邸、順調に進行中です。 現在は外壁工事、屋根・バルコニー防水工事、電気配線工事、衛生設備配管工事が同時に進められています。   この敷地は北側に面するだけでなく、隣地建物が境界ギリギリまで迫ってきているた […]

それほど小さくはない

Posted on Sep 13, 2014 in MS邸, 建築考察, 日々について
それほど小さくはない

横浜F邸の柱はオーストリアから。 「地球の反対側からよく来ましたね。」と、不思議な気持ちになります。   構造材には必ず性能保証のシールが貼られています。 木材の強度や製造場所などを確認できるようにするためです […]

横浜F邸

Posted on Aug 4, 2014 in MS邸, デザインについて, 建築考察
横浜F邸

現在工事進行中の横浜F邸について少し。   Facebookのページには何枚か施工現場の写真をアップしていますが、横浜市の商業地域に建つ木造3階建ての2世帯住宅、親夫婦と子夫婦の4人暮らしのための家です。 もと […]